BLOG&NEWS


酒豪 ってなんだ!?

2013.03.17.

『酒は呑め呑め 呑むならば

日本一(ひのもといち)の この槍を

呑み取る程に呑むならば

これぞ真の黒田武士』

これは 『黒田節』 という 福岡市に伝わる

民謡の歌詞ですが、福岡藩の武士によく

歌われて 日本中に広がった歌だそうで

す。

この歌の物語は、

遡ること 安土桃山時代。

かの猛将 福島正則が、母里友信を自宅に

招いた際、『この酒を飲み干せたなら

何でも褒美を取らす』と、

酒を並々と注がれた大盃を差し出した。

ところが、母里友信は差し出された大盃

を 見事に何杯も呑み干し、約束通り

福島正則が豊臣秀吉から拝領した

自慢の槍『日本号』を貰い受けたという

逸話から来ているそうです。

昔から日本では、大切な節目に酒を用い

られ、神聖な物として扱われて来ました

が、それだけでは無く、男の強さや

器量をはかる道具でもありました。

しかし、酒豪でこんなに得した人も

珍しいかも知れませんね。

どんなものでも、道を極めれば それなり

の事もあるって事でしょうか?

修行(酒行)の道も また険しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>